併催行事

特別セッション1

「RTミドルウェアコンテスト2022」

日時・場所:
  未定

講演概要:
 SICE SI部門RTシステムインテグレーション部会は、今年も特別OSとしてRTミドルウェアコンテストを開催いたします。 RTミドルウェアやROSなどのロボットミドルウェアは、ロボットの機能要素をモジュール化し、容易に組み合わせ可能にする システムインテグレーションの基盤技術です。様々な人々が個別に研究開発したロボットの機能要素を容易に統合可能可能 であることから、ロボット研究開発の効率化、ソフトウェアの再利用を促進します。 こうした技術の確立のためには、機能モジュールやツールの拡充、ミドルウェア自体の機能性の向上だけでなく、ミドルウェアを利用した システム構築の技術や知見の共有が重要です。 また、新型コロナ影響下での新たな生活様式が求められる中、ロボットによる感染症対策の支援や、分散開発等による 新らたなシステム構築手法の確立が求められている昨今、ミドルウェアを基盤としたロボットシステムインテグレーション技術を確立したいと考えいます。 今年度も「計測自動制御学会RTミドルウェア賞」と協賛いただく企業からの奨励賞を用意しており、優れた開発成果を表彰いたします。 RTミドルウェアだけでなくROSやORiN、RSNP等ロボットミドルウェアを利用した多数の作品のご応募をお待ちしております。
 詳細は、以下のホームページをご覧ください。

 RTミドルウェアコンテスト2021 Webページ
 SICE SI部門 RTシステムインテグレーション部会

特別セッション2

「RSNPを活用したロボットサービスコンテスト2022」

日時・場所:
  未定

講演概要:
 インターネットとロボットの融合は新しい分野であり、インターネットを用いたロボットサービスは新しいビジネスの形として期待されています。 そこで、ロボットサービスイニシアチブでは、長年ロボット業界、ソフトウェア業界および大学等の学術研究機関において研究開発が進められてきたRSNP (Robot Service Network Protocol)を活用したコンテストを開催することといたしました。 本コンテストは2012年より開催しており、本年で第11回目となります。 このコンテストを通して、魅力あるロボットサービスの提供、知識/経験の集積、ロボット業界/ソフトウェア業界の相互発展、国際競争力の強化を目指します。
 詳細は、以下のホームページをご覧ください。

 RSNPコンテスト2022 Webページ

特別セッション3

「NEDO特別講座:ロボット共通プラットフォーム講習会」

日時・場所:
  2022年12月17日(土)13:00~15:55(予定)・Zoom会議室

講演概要:
 NEDO「ロボット活用型市場化技術開発プロジェクト(市場化プロジェクト)」(2017-2019年度)において行われた、ROS等のOSSを活用したロボット共通ソフトウェア技術の開発を受けて、2020年度よりNEDO特別講座を立ち上げ、同技術の維持・普及・発展のための人材育成講座事業等を進めています。
 本講習会では、市場化プロジェクトにおいて開発された、ロボット共通ソフトウェア実行環境を活用し、MoveIt!を用いて小型ロボットアームの実機を制御する方法について学ぶことができます。
 ご登録方法などの詳細につきましては、下記Webサイトをご参照ください。

 SI2022 「NEDO特別講座:ロボット共通プラットフォーム講習会」

主催:
  NEDO(国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)

聴講料:
  無料
  ※ 小型ロボットアームを事前にお送りし、返送頂く予定です。
   返送料は参加者のご負担となること、予めご了承ください。
  ※ 必須ではありませんが可能な限りSI2022への参加登録をお願いします
   SI2022の参加登録を行わない場合、本講習会以外のSI2022の行事には参加できません

定員:
  10名程度

特別セッション4

「Sensing Solutionアイデアソン・ハッカソン2022」

日時・場所:
  2022年12月17日(土)終日・オンライン開催

講演概要:
 Sensing Solutionアイデアソン・ハッカソン2022は、計測自動制御学会システムインテグレーション部門とIoT デバイスSPRESENSETMを開発するソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の共催による、アイデアソン・ハッカソンです。2022年度は参加対象者を大学生・大学院生に加えて高等学校生を参加対象者とし、IoT のさらなる発展を推進するとともに、IoT のもたらす未来・可能性について議論・展望することを趣旨としております。
 Sensing Solutionアイデアソン・ハッカソン2022はアイデアソン・ハッカソンの2部門により構成されており、ハッカソンでは、SPRESENSETMを用いたプロトタイプを製作し、動画によってデモンストレーションをして頂きます。アイデアソンでは、IoTの新たなる活用方法およびIoTが拓く未来の構想をプレゼンして頂きます。
 詳細につきましては、下記Webサイトをご参照ください。

 Sensing Solutionアイデアソン・ハッカソン2022

共催:
  SICE SI部門
  ソニーセミコンダクタソリューションズ(株)

聴講料:
  無料

定員:
  なし